# 一般社団法人 大分県歯科医師会 トップページ 歯のQ&A フッ素ってなに? 歯科医院一覧 こんな活動してます 挨拶・組織・沿革・郡市会 リンク  休日の当番医

#
#

寝るときは、入れ歯は入れたままでよいですか?


  入れ歯を入れると、歯の周囲や義歯床下粘膜に対する自浄作用の低下や、口腔内清掃の困難さによって口腔内常在菌が増加し、むし歯の危険性、歯周病の悪化、義歯性口内炎の発症が認められます。
このような観点から専門学会の見解では、一般に粘膜の回復のために夜間は入れ歯を外し、歯がある場合には、しっかり歯みがきを行って、義歯は水中に保管することが推奨されます。
一方、歯ぎしりが強く歯に過剰な力がかかる場合や、噛み合わせの歯が歯ぐきを傷つける場合、顎関節に過剰負担がかかる場合、ぐらぐらする歯を入れ歯が固定する役割を果たしている場合は、寝るときも入れ歯を入れる方がよいでしょう。
この場合、都合のよい時に入れ歯を数時間はずし、歯ぐきを安静に保つようにしましょう。もちろん、入れ歯を入れて寝る前に、歯と入れ歯をきれいにすることが大切です。
自分が入れて寝たほうがよいのか、はずして寝たほうがよいのかは、かかりつけの歯科医師とよく相談して決めましょう。
<< 戻る ▲上へ

入れ歯の手入れの仕方について教えてください。
 入れ歯は人工臓器であるとともに、咀嚼(食物を噛み砕くこと)・嚥下(食物を飲み込むこと)・発音のための道具ともいえます。道具は手入れをしなければなりません。理想的には毎食後に清掃するのがよいのですが、外食などを考えるとなかなか難しいのが現状でしょう。
 しかし、可能な限り毎食後、歯ブラシや義歯ブラシを使って1日に1回(例えば就寝前)は入れ歯についた食べかすを清掃しましょう。このときに、通常の歯みがき剤は決して使用しないでください。歯みがき剤の中の研磨剤が入れ歯の表面をすり減らしてしまうことがあるからです。
 入れ歯は乾燥により変形する恐れがありますので、入れ歯をはずしたときは必ず水中に浸けて乾燥を防いでおくようにします。また、入れ歯の消毒を目的にして、入れ歯を熱湯に浸けることは決してしないでください。確実に入れ歯が変形してしまいます。
 入れ歯の表面や人工歯の間の溝に、歯石のような沈着物やたばこのヤニ、茶渋などがつくことがあります。自分で取り除こうとすると、傷をつけたり、変形や破折の危険があったりしますので、歯科医師に相談して入れ歯をきれいにしてもらうとよいでしょう。
 食べかすで汚れた不潔な入れ歯を使用していると口臭の原因になり、入れ歯周囲の粘膜に悪影響を及ぼします。また、それらの不潔物に細菌が繁殖し、それが原因で呼吸器疾患が誘発されるという研究の発表もあります。はずした入れ歯を保管するときに、入れ歯洗浄剤を入れた水中に浸けておくのもよいでしょう。
<< 戻る ▲上へ

自分にピッタリの入れ歯を作りたいのですが…
 入れ歯で大事なことは何でしょうか?
 見た目が自然で、痛くなく、よく噛める。部分入れ歯の場合、残った歯にも異常な力がかからない。そして、清掃がしやすいというのも条件の一つでしょう。
 こういったことを満たした入れ歯が、自分にピッタリの良い入れ歯といえるでしょう。
 歯を失った部分を元の状態に戻すために、歯と歯ぐきの型をとって入れ歯を作ります。歯はあまり動きませんが、歯ぐきは動きます。その差によって歯ぐきにピッタリに作っても、噛むと痛みが出てきます。また、歯ぐきの下の骨の吸収が大きくて入れ歯の型をとりにくくしたり、作った入れ歯の安定を阻害したりします。
 入れ歯を使ってみて痛いときはすぐに調整しますが、違和感や気持ちの悪さは入れ歯を入れて慣れるようにしなければなりません。入れ歯も義足などと同じ人工臓器ですから、リハビリをするつもりになって使っていくようにしなければなりません。
 もちろん、痛くて噛めないときは我慢する必要はありません。
 一度慣れて落ち着いても、歯ぐきは入れ歯を使っているうちにやせてきたりします。また、部分入れ歯ではバネをかけた歯がむし歯になったり、歯周病になったりする危険があります。定期的にかかりつけの歯科医院で入れ歯のチェックをしてもらい、良い状態に保つことも大切です。
<< 戻る ▲上へ

金属を使った総入れ歯とは、どんなものですか?
 1994(平成6)年6月1日から特定療養費制度により、金属床の総義歯(総入れ歯)に限り、従来全額患者さんの負担であったものが一部保険で給付されるようになりました。
 金属床総義歯とは、義歯の床の部分にチタンや白金などの金属を使ったものをいいます。全部プラスチックでできた保険の義歯と比較して、長所としては、
  1. 義歯の厚さを薄くすることができるので、異物感や発音障害が少ない
  2. 破損しにくい
  3. 熱伝導性が良好なので、冷たい、熱い等の温度感覚を感じることが可能である
  4. 金属は吸水しないので、衛生的である
などが挙げられます。また、欠点としては、
  1. 経時的に変化する歯ぐきに対して、対応が難しい
  2. 当たりが強くて歯ぐきが痛い場合、調整が難しい
などが挙げられます。患者さん自身の歯ぐきについていえば、形態が良好で、しかも弾力性に富み、引き締まった状態のものが適応となるでしょう。
 一方、適応がケースもありますので、詳しくはかかりつけの歯科医院にお尋ねください。
<< 戻る ▲上へ

入れ歯が緩くなったので、入れ歯安定剤を使いたいのですが…
 入れ歯を長く使っていると、顎の骨(歯槽骨)に吸収が起こったり、噛み合わせの歯がすり減ったりします。その結果、入れ歯が緩くなったり、痛くなったりしてきます。
 それを解消するために旅行中などで市販の安定剤を短期に使用するのはかまいませんが、入れ歯が緩くなった原因を取り除かないまま安定剤を長期間使用すると、顎の骨がさらになくなってしまいます。
 市販の安定剤にはパウダー状のものと、チューインガムのようなペースト状のものがあります。緩くて落ちるだけならパウダー状のものを、唾液の少ない人で短期の痛みをとるだけならペースト状のものを使用してみて下さい。ただし、ペースト状のものは厚みが自分でコントロールできないので常用は避けてください。その理由は、安定剤を入れるたびに噛み合わせの位置が変わってしまい、上下の入れ歯がしっかり噛み合うべき本来の位置で入れ歯が安定するとは限らないからです。
 歯科医院ではこのような場合、噛み合わせに異常があるときは、噛み合わせを調節した後にリライニング(入れ歯の裏打ち)をします。
 歯ぐきが痛んでいる場合にはティッシュコンディショニングといって、痛んだ歯ぐきを治す材料を入れ歯の内側に入れた後にリライニングをします。また、新規の入れ歯をつくる必要があるかもしれません。
 入れ歯安定剤を適切に使用しつつ、かかりつけの歯科医院に相談してください。
<< 戻る ▲上へ

高齢者の肺炎予防に歯みがきが大切というのは、どうしてですか?
 健康な人でも熟睡しているとき、唾液を誤嚥(誤って飲み込むこと)することがあります。そのとき、健康な人はたいていむせて肺に唾液が入らずにすみますが、機能の減退している高齢者は誤嚥したままになってしまいます。
 口腔の中には350〜700種類もの細菌が常在しています。口腔機能が低下した人が食物残渣(食べかす)のある状態のままだと、むし歯や歯周病を発症する嫌気性菌(酸素を嫌う菌)は急増殖し、その菌を多く含んだ唾液を誤嚥して、肺に入った菌が肺炎を引き起こすということが明らかになっています。これを犖輦訐肺炎瓩箸いい泙后
 この肺炎が老人性肺炎のほとんどを占めていて、いったんかかるとなかなか治りにくく、また繰り返して起こり、最終的には抗生物質も効かなくなって命にかかわります。そのため、予防が最も良い方策とされています。
 誤嚥性肺炎の予防法は、摂食・嚥下訓練(食べること、飲み込むことの訓練)と口腔ケアです。誤嚥を起こしても唾液の中に菌が少なければ肺炎の可能性が減少するのは当然であり、歯みがきとうがい、そして入れ歯の洗浄などの口腔ケアが非常に重要です。また、誤嚥防止のために食後すぐ横にならず、2時間ほど座っているだけでも誤嚥が減少したという報告があります。
 このように高齢者の生命に直結する誤嚥性肺炎を予防するには、誤嚥防止のための熟練した看護・介護に加えて、口腔ケアを決して忘れてはなりません。
<< 戻る ▲上へ

歯を喪くした介護を必要とする人の義歯は…
 脳血管障害を患った患者さんでは、急性期は救命救急が第一義ですので、口の中の義歯ははずされ、中心静脈栄養という点滴で生命維持がなされます。そして安定期に入り、経管栄養(チューブ栄養)を経て摂食嚥下障害(食べること、飲み込むことの機能障害)もだんだん快方に向かうと、少しずつ嚥下食テストが始まります。
 そのとき、以前の義歯は体重減少に伴って合わなくなることがあります。いわゆる犁曚ど佞瓩悪いため、義歯の使用が難しい状態になっています。
 そこで適合の良い義歯にするために、今の義歯の裏打ちをして犁曚ど佞瓩鯲匹し、上下の義歯で噛めるようにします。ただ、この場合、義歯を裏打ちすればもうそれで大丈夫というものでなく、何ヶ月もの間、義歯を使って食事をしていなかったので、咀嚼の訓練を行われなければなりません。
 多くの場合、片麻痺などが残っているので、健康なときにつくった顎位(噛み合わせの位置)では噛んでもらえません。そこで、裏打ちして直した義歯をリハビリの道具と考え、軟らかいものから徐々に噛んでもらい、必要に応じて歯科医師による噛み合わせの調整を行います。
 このようにして介護を必要とする人でも義歯を使って徐々に口から食べられるようになると、全身の健康回復はもちろんのこと、将来への望みを持ち、他のリハビリを積極的に行う意欲、ひいては生きる意欲が起きるなど精神的な回復にも著しい向上がみられます。
 人は、口から食べものをとるということが大切なのです。
<< 戻る ▲上へ

在宅要介護者の口腔ケアでは、どんな点に注意すればよいですか?
 在宅での口腔ケアは、本人および家族介護者が日常の口腔ケアの目的、重要性、継続することの大切さを十分理解する必要があります。
 適切な口腔ケアが行われないと、むし歯、歯肉炎、舌苔、口臭などが発生し、さらには不潔な口腔からの誤嚥によって肺炎(誤嚥性肺炎)が引き起こされる場合があります。また、それらの疾患によって経口摂取が阻害され、口から食べることの楽しみさえも奪ってしまうことがあります。
 そこで、在宅要介護者(高齢者)の口腔ケアを本人や家族が行う場合は、次の点に注意してください。
  1. 洗面所に移動可能な場合は洗面所で行い、ベッド上で行う場合は座位・側臥位で行う。
  2. 歯ブラシ・コップ・うがい用受け皿・ビニール製エプロン・タオルなど、現在の状態に応じて必要なものを用意する。
  3. 唇にワセリンを塗り、少量の歯みがき剤を併用して歯ブラシを湿らして用いる。歯間の汚れは、歯間ブラシを使用する。
  4. 歯ブラシはナイロン製の軟らかめで、植毛部の小さいものを選ぶ。
  5. 義歯は食後はずしてブラシでみがき、洗浄剤を入れた液に浸す。
  6. 就寝時には誤飲を防ぐため小さい義歯は必ずはずす。
  7. 不十分であってもリハビリ、自立の意味で、できるだけ本人に歯みがきをしてもらい、みがき残しをチェックする。介護者が行う場合は声掛けをしながら行い、力の入れ過ぎで痛みを起こしたり、奥までブラシを進め過ぎて嘔吐反射を起こさないよう、十分配慮する。
  8. 口腔ケアを行う際は口の中をよく観察し、異常がないか、前日と変わったところはないかをチェックする。
 なお、適切な口腔ケアについては、歯科医師や歯科衛生士の指導をぜひ受けてください。
<< 戻る ▲上へ




#



Copyright (C) OITAKEN SIKAISIKAI All rights reserved. プライバシーポリシー